FC2ブログ

記事一覧

The Four(4) Seasons - Sherry 「シェリー」

Four-Seasons-Tommy-DeVito-Bob-Gaudio-Frankie-1966.jpg

スティーブの「Oh シェリー」の後には元祖シェリー
ここで尾崎豊と来ないのがミソ
(いやさ尾崎豊はちょっと好きくないの 
周囲に信者は多かったんですけどね)
シェリーというハーフなアイドルも昔いましたけれども

「甘い経験」1974

ああ、懐かしい そうそうこういう歌でした
彼女が出ていた「オズの魔法使い」も好きでしたね
カカシがノッポさんでライオンが常田富士男さん


さてさて、フォー・シーズンズに関しては、
フランキー・ヴァリの「君の瞳に恋してる」の時と
何度かカバー曲のところで取り上げたと思うのですが
肝心のグループについてはまだでしたね

アメリカのグループで
ジャンルとしてはブルーアイドソウルなロックポップス
最初はフォー・ラヴァーズと言うグループ名だったのですが
フォー・シーズンズと改名して、さらに
フランキー・ヴァリ・アンド・フォー・シーズンズ
というグループ名になったりなんかして
けれど法的な名称は
フォー・シーズンズ・パートナーシップというから、
何が何だかややこしいwww

結成までのいきさつとしては
1953年にヴァリがまずソロ・デビューして
翌年1954年から56年までヴァリエーションズとして活動し
何度か改名してフォー・ラヴァーズになり
その後18回も改名して1960年にフォー・シーズンズとなって
その間メンバーチェンジも幾度か

Bermuda」1961


これがフォー・シーズンズとしての初レコード
しかし 売れず

「シェリー」1962


で、見事ヒット! チャート一位を獲得です
このヴァリの特徴というか
クセのある高音ヴォイスが魅力と言えばそうですね
レオ・セイヤーの歌い方と似ているなあと思ったり
いやさ向こうが似ているのか

「恋はヤセがまん」1962


「恋のハリキリ・ボーイ」1963


そしてこの曲のタイトルを
「恋のハラキリ・ボーイ」と読み間違えてしまった私です
(それだと恋する度に腹を切らんといかん歌になってまう)

ヴォーカル・スタイルは異なるけど
ビーチ・ボーイズっぽいサウンドかなあって
コーラスの入り方とかが近い感じ

ビートルズとかブリティッシュ・インベイジョン隆盛の
当時の音楽チャートの中で
彼らが生き残れたアメリカ勢のグループのうちの一つであったのは
こういうサウンドをアメリカ人が求めてたからなのかも新米
つか イギリス人には作れないカリフォルニアテイストな
サーファーサウンド

「キャンディ・ガール」1963


ニール・セダカの「カレンダー・ガール」思い出してまうな
いやさ似ているという意味ではなくて

「Ain't That a Shame 」1963


ご存知、ファッツ・ドミノのカバーですが
全然違う曲に聞こえるーっっ 同じ曲とは思えないです
なにこのアレンジって感じ 
ドゥーアップなのにドゥーアップにも聞こえない

「悲しき朝焼け」1964


「悲しきラグドール」1964


そしてこの曲
「Bye, Bye, Baby (Baby, Goodbye)」1965


大好きな曲です・・・って、
私はBCRのカバーから好きになった曲だけども
はい これ不倫の歌ですっっ 浮気っていうかー
君のこと凄く好きになっちゃったけど 
奥さんがいるから 終わりにしないといけないって歌
なんで彼女と結婚する前に君に会えなかったんだろって
そんな内容ですっっっ汗

「Let's Hang On!」1965


「くよくよするなよ」


ボブ・ディランのカバーです

オリジナルはこっち


印象が全然違いますよねっっww


そしてヴァリは徐々にソロ活動が多くなりましたが
それでも完全に袂を分かつことはしませんでした

「愛はまぼろし」1975


その後、時代はディスコブームへと移ったわけですが
なんだかんだでグループはそこそこのヒットを出しつつ存続し
かつての勢いは衰えたし 
オリジナルメンバーもいなくなったりしたけれど
今もグループとしては継続して活動しているようです

まあ、そんな感じでイギリス勢優勢の時代に
快進撃を飛ばし続けたグループなわけですのよん

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント