FC2ブログ

記事一覧

Bobby Vinton - Mr. Lonely「ミスター・ロンリー」

ボビー・ヴィントン

そして、またまた
オールディーズに飛びます飛びます(って若い人には解らんか)

ボビー・ヴィントンはポーランド系のアメリカ人シンガー
活躍したのは60年代になりますかね
お父さんがバンドリーダーだったので、
息子である彼も音楽に興味を持ち、ハイスクールでバンドを結成
大学でも音楽を学び、作曲学を専攻して、卒業後は兵役に就いたものの、
60年にバンドリーダーとしてレコード会社と契約
ボビー・ヴィントン・アンド・ヒズ・オーケストラとして
2枚のアルバムをリリースしたものの、さっぱり売れず
解雇通知を受けたものの、シンガーとして「涙の紅バラ」を発売し
これが全米一位のミリオンヒットとなったことから起死回生を図ります

「涙の紅バラ」1962


「I love you the way you are」1962


続いてのシングル、自作曲のこちらもヒットしました

「ブルー・オン・ブルー」1963


ティーンアイドルとして活躍することになり、連続ヒットを飛ばします

「ブルー・ヴェルヴェット」1963


「ブルー・ファイア」1964


原曲タイトルは「ThereǃI've said it again」なんですが
何で「青い炎」なんだか ブルーシリーズとばかりに
タイトルにすべてブルーつけたかったのかなって安直すぐる
動画では見つからなかったけど「ブルーハート」って曲もあるっす

ちなみにそんなわけで日本では「ミスターブルー」と呼ばれていたりなんかして

「テル・ミー・ホワイ」1964


イントロがハリウッド映画のサントラっぽいのう

「いつまでも愛して」1967


「涙の口づけ」1972


「愛のメロディー」1974


そして、ボビーと言えば、やっばこれですかね

「ミスター・ロンリー」1964


当時のダンスホールやオールディーズクラブでのチークタイムとか
60年代のアメリカ青春映画などに出てくるプロムのシーンなんかで
必ずと言ってもいいほど流れるのがこの曲だったなあ・・・

ちなみにデビュー曲の「涙の紅バラ」と
ほぼ同時にレコーディングされたそうですが
会社側がシングル化を認めなかったそうなんですね
歌唱に納得できないとかで・・・

そして二年後のアルバムに収録されたところ
ラジオ局にリクエストが殺到したそうです

ちなみに曲の内容、歌詞ですが
戦場にてホームシックに掛かった兵士の心情を歌ったもので
恋人への思慕も綴られていることからラブソングでもある歌
ゴールドディスクも受賞しましたね

そしてカバーもたくさんされてます
日本ではラジオ「JET STREAM」のテーマ曲に長らく採用されました


城達也さんのナレーションに痺れた人は多いはず

レターメンのカバー


こっちもこっちで人気あります

さてさて ボビーですが2000年位までは
シンガーとして、エンターティナーとして活動をしていたのですが
2002年に活動の場としていた自身の劇場を売却し、
2015年の公演を最後に引退して音楽界から去ることになりました
もう86歳 のんびりとした余生を過ごされているのかな



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント