FC2ブログ

記事一覧

Gene Pitney - Louisiana Mama「ルイジアナ・ママ」

ジーンビットニー

ジーン・ピットニーと言うことで、
「リバティ・バランスを撃った男」と迷ったんですが、
一般受けのするこちらの曲をばチョイスしました

リバティ・バランスを撃った男」1962


とはいうものの、映画のために作られた曲だと言うのに
肝心の映画では主題歌とも挿入歌としても使われてないという謎
して、日本で日本語でたくさんカバーもされてたりする歌

ちなみに映画の予告編


西部劇と言えば、ジョン・フォード監督
彼の作品と言うとジョン・ウェインそしてジェームス・スチュワート
懐かしい映画ですね リー・マーヴィンの悪役ぶりも良かった

さて、ジーン・ピットニー
アメリカはコネチカット州出身のシンガーで
高校でバンドを組んだのが音楽生活のスタート
1959年にビリー・ブライアンと言う名前でデビューするも
とくにこれといったヒットはなく
1961年に再デビューすることになり

「恋なんておサラバ」1961


こちらがヒットします

で、二枚目が「ルイジアナ・ママ」なんですがこの時は不発なんですね

「エヴリ・ブレス・アイ・テイク」1961


三枚目のこちらがヒット

「非情の街」1962


こちらもチャートインして、五枚目が
「リバティ・バランスを撃った男」でそちらがヒットしたことで
ヒットシンガーの仲間入りを果たしました

「恋の痛手」1962


「タルサからの24時間」1963


「バックステージ」1966


「ハート・ブレイカー」1968


で、60年代前半はヒットメーカーでしたけれども、
後半は全米ではチャートインせず、全英でのチャートインのみ
70年代以降は活動の拠点をイギリス、ヨーロッパに移しますが
これと言ったヒットに恵まれませんでした

さてさて

「ルイジアナ・ママ」1961


二枚目のシングルのこの曲、アメリカでは不発だったものの
日本では何故かヒットしたのですよ

飯田久彦さんカバー


なんと40万枚売り上げたそうです
そんなこんなで、オリジナルもヒット(日本でだけね)
って、ことで肝心のアメリカの人たちからしたら、寝耳に水
そんな歌知りませんがな…になっちゃうかもですね

実際、とある写真集の方がルイジアナに行って
この曲のことを聞いてみたところ、みんなに「知らない」と言われたと
「ルイジアナ・ママを誰も知らない―スナップ的アメリカ論」
というご自身のエッセイ本にて語られていたりしますっっ

なんかベルギーでの「パトラッシュの犬」みたい


こんな感じで、この曲と言うとツイストですねっっ

こんな風に日本でだけ有名な歌って言うのも、わりとあったりするザマス

そして、ジーン・ピットニーは作曲家としての一面もあり、
自作以外にも、他者にも曲を提供していたりします

有名なのが、前にもこちらでも紹介した
リッキー・ネルソンの「ハロー・メリー・ルー」で


他、
ボビー・ヴィーの「ラバー・ボール」1960


ザ・クリスタルズ「ヒーズ・ア・レベル」1962


ですかねー いずれもヒットしています

その後、70年代、80年代と過去の人となっていたピットニーですが

「サムシングス・ガットン・ホールド・オブ・マイ・ハート」1989


マーク・アーモンドが彼の曲をカバーしたりして
動画は一緒にデュエットしたときのもののようですね

んでもって、1993年のワールド・トレード・センターのあの日には
カーネギーホールでコンサートを開催していたとのこと
2002年にロックの殿堂に認定されましたが
2006年にイギリスでのツアー中、動脈硬化による心臓発作で旅立たれました
合掌

「ルイジアナ・ママ」は
日本で愛されたアメリカンポップス、オールディーズナンバーの中でも
たくさんの人に愛された曲でした
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント