FC2ブログ

記事一覧

Johnny Tillotson - Cutie Pie 「キューティ・パイ」

hqdefault_20210612235223f9b.jpg

続けてやっぱオールディーズ
60代以上の人には懐かしいけど それ以降の世代には
「?」な人、曲でしょうねー いやさ私はまだ50代ですぜい

アメリカ出身のシンガーで
幼少期から音楽活動を始めて ラジオやテレビ出演を経て
1957年にデモテープがレコード会社の目に留まり契約へと至り

「ドリーミィ・アイズ」1958


こちら自作の曲でデビュー

翌年に
「ポエトリー・イン・モーション」1960


この曲が大ヒット 日本でもヒットしました

伊東ゆかりさんがカバーしていたり


「プリンセス・プリンセス」1960


これは日本だけでヒットしたみたい

「涙ながらに」1962


「トレンブリング・キッス」1963


あんまし動画が残ってないんですよね

「涙くん、さよなら」1965


オリジナルは坂本九さん 浜口庫之助さん作詞作曲の名曲です
いちよう海外でのタイトルは「Goodbye Mr. Tears」
単なるカバーではなくて 日本語で歌っていたり
確かにこの頃って シルヴィ・バルタンとかダニエル・ヴィダルとか
外国人歌手がたどたどしい日本語で歌うってのが流行ってたなあ

オリジナル


で、日本語で彼が歌った曲は他にもあって
「ユーアンド・ミー」1965


どうせ日本語のままで歌うなら、「君とボク」でいいんとちゃうやろか??
と思ってみたりする<タイトル
で、この曲ですが ジョニー・ウッドマンとハリー・ウィリアムスという人たちが
作詞作曲をしたということになっていますが、あくまで名義であって
実際は高崎一郎さんが作詞で鈴木邦彦さんが作曲をしているのでした

で、ジョニー・ティロットソンと言えば

「キューティ・パイ」1961


この曲かなあ・・・ たくさん聞きましたね
ラジオとかオールディーズの特集とかその手のダンスクラブやライブで

いつだったかテレビのバラエティー番組で広田レオナさんが
この曲を歌いながら踊りだしたのが何とも意味不明で
面白かったのを覚えています 「アフリカの角」だったかなあ??

そして伊東ゆかりさんもカバーしていたり


声がとってもこの曲にあってますよね


そして今はシンガーとしての活動をしてらっしゃるのか解らないんですけど
1987年にデル・シャノンやレスリー・ゴーアとのツアーをして
いくつかの殿堂入りをしたってニュースくらいしか情報がないんで

そんな感じで昭和の懐かしい曲紹介なのでした


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント