FC2ブログ

記事一覧

アナーキー(亜無亜危異) - ノット・サティスファイド

08_main.jpg

パンクは好きではないし、基本聞かないんだけど
ピストルズ出した後だから、その流れでちょっとだけ
と言っても、まったく語れないのでとりあげるだけですね

前回ピストルズの時に書きましたけど
バンド名はピストルズの曲「アナーキー・イン・ザ・UK」から
ちなみにanarchyとは、無政府状態・無秩序状態って意味

で、埼玉出身のバンド
ヤマハ主催のアマチュア音楽コンテスト「EastWest」で
1979年に賞を取ったことで翌年にレコードデビュー

「ノット・サティスファイド」1980


それがこれですね
そうですね ちょっちブルーハーツとか似てる気がしなくもない

私の周囲にも熱狂的なファンがいなかったわけではないから
聴く機会はあつたんだけども 当時はとくに印象に残らなかったなあ
うん とにかく演奏も歌も粗削りだったし
デビューアルバムに関しては 過激だけど下手糞なバンドやなあって
そんな印象だったww 曲もこれと言って特徴なかったし
(カバーばかりだったから)

「シティ・サーファー」1980


国鉄の作業服が彼らのトレードマークな衣装でありました

デビューアルバムは
ザ・クラッシュ、チャック・ベリー
スティッフ・リトル・フィンガーズ、イーター等の曲に
日本語のオリジナル歌詞を乗せたカバー曲を収録ってあるんですけど
他はともかくチャック・ベリーはパンクじゃないやろってツッコミ

「東京イズバーニング」1980


で、これってクラッシュの「ロンドンは燃えている」の
カバーなんですが、これはイギリスの王室批判の曲なものだから
結果的に皇室を揶揄するてか、批判や歌になってるわけで
するってーと右翼が黙っちゃいなくって
某政治団体から抗議を受けたことでアルバムから削除されたり

で、オリジナルの「ロンドンは燃えている!」



んでもって、
私個人としては好きでもないけど嫌いでもないってバンドですが
熱狂的な支持者というか、コアなファンが多かったりする
日本のパンクバンドとしてはまず絶対に外せないバンドというか
忘れてはいけないルーツとして源流にいるバンドでもあったり
影響を受けたバンドも数多いし 
BOØWYやTHE ROOSTERSとも仲良かったしね

で、メンバーが元奥さんを刺すという事件を起こしてしまったので
(元奥さんのバンドのライブ行ったことあるなあ)
活動休止になってバンド名をTHE ROCK BANDと改名して
活動を続けたそうですが、やはり自然消滅状態に

THE ROCK BAND「遠くで家事を見ている」1986


THE ROCK BAND「四月の海賊たち」1987


で、90年代にオリジナルメンバーで再結成して
ライブをしたりしていたようですが
メンバーチェンジをして 音楽性も大きく変化

パンクバンドでは無くなってしまいましたっっ

その後、再びの活動休止・再結成を繰り返すも
オリジナルメンバーの一人が急死し
残りのメンバーで再始動 現在も活動している模様




「パンクロックの奴隷」2018


「馬鹿とハサミは使いYO!」2020


いったん逸れたけど またパンクに戻ってるなあ

「パラドックス」


これはメタルっぽいかな

そして還暦過ぎても活動中っていいですね

そして彼らに関しては映画にもなっていたりするである
それと書籍も数冊出ているのであった

映画「アナーキー」2008


ドキュメンタリーですけど
てなわけで、こういうバンドもいるんだよって
知らない人は知らないバンドなので
さわり程度の紹介なのでしたー
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント