FC2ブログ

記事一覧

The Clash - White Riot「白い暴動」

クラッシュ

そしてアナーキーのとこでも名前出たクラッシュ
こちらも知ってるけど知らない(聞かない)バンドです
ははは 
パンクと言えば、ピストルズ、クラッシュは創世記の双璧バンドって
そんな感じで抑えておけって感じなバンドかも

バンドの成り立ちですが1975年に
ミック・ジョーンズが参加していたLONDON SSと言うバンドの
ボーカルオーディションにポール・シムノンが応募し、知り合い
翌年にバンドは解散するものの、マネージャーのバーニー・ローズと
ジョーンズとシムノンはそのまま新たなバンドを結成しようと言う話に

んでもって、セックスピストルズのライブを見たジョーンズが
ピストルズと同じ方向性のバンドを目指そうと思ったのでした
そしてシムノンはベースに転向 新たなボーカルとして
パブロック・バンド“101'erで活躍していたジョー・ストラマーに声をかけ
彼が了承したことから、クラッシュ誕生と相成ります

で、翌年1977年にはレコード会社と契約
デビューアルバム発売となるから ここまでは結構順調

「ジョニー・ジョーンズ」1977


「リモート・コントロール」1977


「反アメリカ」1977


「出世のチャンス」1977


デビューアルバム、セカンドアルバムと好調だったので
サード・アルバムは二枚組のアルバムを出したりして

「ロンドン・コーリング」1978


「スペイン戦争」1978


「トレイン・イン・ベェイン」1978


この頃にはイギリスでも批評家を唸らせ
アメリカでも人気あるバンドになっていました

それはピストルズとは違って 純粋なパンクと言うより
スタイルとしてはパンクだけど 音楽的には多様性があるというのかな
音的には様々なジャンルを吸収した曲調にあったのかなって思います
うん 他のパンクバンドより聞きやすいですもん
単調なリズムとリフの繰り返しになりやすいパンクの中で
豊かな音を作り出すバンドだと思うし

でも、メンバーチェンジは結構あったり 追い出しとかアレコレねっっ
そんなわけで出入りが激しいバンドの一つかなん

「7人の偉人」1980


「叛乱ワルツ」1980


「ステイ・オア・ゴー」1982


「ロック・ザ・カスバ」1982


てなもんやで色々すったもんだあって1986年にバンドは解散
残念でござる

2002年にはロックの殿堂入りして
再結成の話も何回か出るものの それも進まず
その理由も一般のファンが買えない値段のチケットの場所で
再結成ライブなんて嫌でござるってシムノンがごねたからという
パンクバンドらしいエピソードです

で、再結成の話が進んでいたときにストラマーが急死
これにて永遠に活動停止となりました


そうですね
クラッシュも活動期間はさほど長くなかったけれど
パンクでありながらパンクを超えたバンドって言うのかなあ
パンクというジャンルを批判していた人たちを唸らせる曲作りをした人たちで
パンクが市民権を得るのに多大なる貢献をしたバンドでもあり
パンクを聴きやすくもしてくれてハードルを下げてくれたバンドって感じかな
スピリットやスタイルや歌詞はパンクだけど 音楽性は柔軟で豊かだった
うん そんなバンドでした

「白い暴動」1977

でもって、クラッシュと言うとやっぱコレかなあって感じ
曲についてはあえて語りませんがwwww
もっともパンクらしいって思うので代表曲としてあげてみた

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント